2011-09-17 01:17 | カテゴリ:日常
 お久しぶりです。
知っている方もいるかと思いますが我が家のすずがお星様になってから
もう一ヶ月が経ちました。

すずは自分の4歳のお誕生日(8月8日)にお星様になりました。

本当に突然のことで、やっと我が家は落ち着きを取り戻しつつあります。

皆さんに同じ思いを決してして欲しくないとの思いで
今回すずが亡くなるときの状況をお伝えしたいと思います。

我が家のすずはヒートが終わって数日経ったころ
(今回はもう一度子供を産ませてもいいかなぁと思っていました。)
つわりのような症状が…
『あらら、子供を授かったかなぁ~!』と安易に考えていました。
そんな症状が出ても、いつもどおり元気元気に過ごしておりました。

奥様が用事があって夕方から出かけていた日
私が帰宅すると、すずが吐いている様子がうかがえました。
『また、何かお散歩中に食べたかなぁ?』程度に考えていました。
その日はそのまま就寝しました。

翌朝のお散歩に『すず』は行きませんでした。
(すずはわがまま娘だったのであまり気にもせず…カイとリクを連れて行きました)
このときは朝ご飯も食べなかった。(このときには既にと思うと…)

だけど午後のお散歩はちょっとだるそうにはしていたようですがお散歩したそうです。

この日も午後から奥様は用事があり、お外に出かけておりました。
私が帰ってくると、またすずが吐いている様子がうかがえました。
この日もちょっとだるそうにしていたので、さすがに何かあったらと思い
『すず、明日は病院に行こうね!』って言ってお風呂に入れてあげました。

この日はさすがに何かあったらとの思いで一緒に寝ようと思ったのですが
すずが嫌がったので、そのまま自分の好きな場所で寝かせてあげることにしました。

翌朝、我が家の奥様が動かない『すず』を発見し、わたしが叩き起こされ
お星様になった『すず』を抱きしめることに…。

すずが一番お気に入りの場所でお星様になっていました。

すずはちょっと調子悪いのかなぁ~と思ってから、1日半程度で亡くなっています。

今となってははっきりとした亡くなった原因はわかりませんが、
病院の先生に症状を伝えたところ たぶん、『胃捻転』or『腸捻転』ではないだろうか?
『胃捻転』or『腸捻転』は発症してから1~2時間以内に手術をしないと助からない。
しても助かる確率は低いとのことでした。

先生も私達に気を使ってそんなことを言ってくれたのかもしれませんが…。

皆さんにお伝えしたいのは、
 『ちょっとでも食欲がない!』
 『いつもより調子悪そうにしている!』
 『いつもと何か違う!』
そのように思えたら、真っ先に病院に連れて行って下さい。
それが、夜中であろうともです。

動物病院の先生は基本的に動物好きの良い先生ばかりかと思います。
お願いすれば携帯番号も教えてくれると思います。
夜中でも対応してくれる先生ばかりかと思います。
少なくとも我が家のかかりつけの先生はそんな先生です。

絶対に安易な考えで『大丈夫!!』とは思わないで下さい。
何もなければそれでよいのですから…。

私達は本当に後悔しています。
あの時こ~していれば!どうして連れて行ってあげなかったのだろう!
あの時連れて行っていれば、助かったかもしれない!
すずは我が家に来て幸せだったのかなぁ!
いろんなことが…頭の中は今も後悔ばかりが支配しています。

何もしてあげられなかった。
すず 本当にゴメンね。

訳のわからないことを書いてしまいましたが、絶対に皆さんは後悔するような行動はしないで下さい。
よろしくお願いします。 

H230917_1.jpg


よろしければぽちっとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ 
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://westys.blog84.fc2.com/tb.php/109-5bc7cdd5