2012-01-07 00:45 | カテゴリ:日常
みなさ~ん!大変なことになりました。
お正月休み(仕事始め)初日にカイ君が怪我をしてしまいました

我が家の奥様が仕事から帰ってきたら(しばらくは気づかなかったようですが・・・)
気づいたときには、血が・・・
仕事中の私に奥様から
『カイ君、噛まれたみたいで耳から血が出ていたみたい、
今は血は止まっていて元気にはしているけど・・・病院に連れていったほうがよい?』
って報告!!
あまり状況を把握できない私は念のため病院にGO!って指示をしました。
(すずのことがあってからはなんともなくてもとりあえず病院にGO!です。)
(それがすずが教えてくれたことだから・・・)

その結果
左耳に6ヶ所しかも、穴!貫通してます。イタタタター
右耳2ヶ所、背中2ヶ所、右手付け根1ヶ所 噛まれていました。

皆さん誰にって思っているでしょ。
そうです家の中なので、必然と我が家のりく君しかいないのです。
カイ君は我が子に噛まれましたとさ

お~イタイタしぃ~。 


blog_240106_2.jpg
blog_240106_3.jpg
blog_240106_4.jpg 
病院の先生曰く
『カイ君とりく君の犬社会の上下関係が逆転しているのでは・・・
見る限りカイ君が臆病さんで弱い子のようですよ。』
『お父さん、おかあさん カイ君がワンワン吠えたりしたらすぐに
抱き上げてあげてませんか?って』(図星)
『りく君がそういうのをみて、俺のほうが上なのに・・・って
不満に思ってるんですよ。』
『それが、りく君の行動にでてるのではないでしょうか?』
『犬社会の上下関係は特別な何かがない限り、ずっとこのままなので
接し方に注意してくださいね。でなければまた同じことが起こりますよ。』

かなり図星です。
カイは最初の子でとても甘やかして育ててしまってます。
その後、すずを我が家に迎え入れて りく達が生まれたわけですが、
確かに「すず」と「りく」は他の子とも上手くコミニュケーションが取れたする
のですが、カイだけはイマイチ上手くできません。

すずがいた時は、我が家の3ワンの上下関係は
上手くバランスがとれてたのかなぁ?って今はそう思います。
すずがいなくなって、バランスが崩れたようです。
やっぱり我が家の『すず』はよい子だったんですね。
カイもりくもすずにちゃんと守られていたんですね。
ママは犬社会でも、強いね

こんなとき、言葉にしてしゃべってくれないかなぁ?
なんて勝手なことを思ってしまいます。

多頭飼いしている皆さんも、上下関係のバランスがいつ崩れるかはわかりません。
注意してみてあげてくださいね。
我が家はこのことで、しっかりと認識して、2ワンとも上手に仲良く出来るように
がんばっていかなきゃ!

カイ君&りく君 本当にダメダメ飼い主でゴメンね。
blog_240106_5.jpg 
カイ君 治療がんばりました。
奥様がそういってました。
でも、なんともないのか
すでにいつもと一緒で、こんな感じです。
ちょっと違うのは、りく君を怖がっていま~す。
また、仲良くできるよね。

最後までみていただきありがとうございます。
応援よろしくお願いします。
ぽちっとが励みです。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://westys.blog84.fc2.com/tb.php/129-770049ec